外部リンクでSEO。発リンクは重要

ネトゲトラックTOPへ

ゼロから始めたSEO。効果があった例など。
発リンクはサイトにとってプラス効果があるぞ!という話

発リンクについての話
自分からリンクを張るのってダメじゃないの?

被リンクは多く、自分からのリンクは少なくがSEOの基本でしょ?

基本的には、そうです。自サイトからの発リンクを少なくすることは基本。なぜならTOPページで相互リンクしすぎると自サイトの内部ページに流れるパワー(リンクジュース)が少なくなるからだ。

じゃあ発リンクしちゃ駄目じゃね?

実はそうでもない。発リンク自体は悪くないし、むしろSEO効果があると私は考えている。ネトゲトラック管理人も発リンクはだめだと考えていた時期があったのだが、最近ではページ毎に関係した、優秀なページへのリンクを設けるように心がけている。

なぜか?

質が高くて関連するコンテンツへのリンク、なぜしないことがあり得る?

例えばあなたがブログで記事を書くとき、自分だけの考えで、他人を納得させられるような記事を書くことができるだろうか。もしそれができればあなたのブログはたちまち人気となり、多くの被リンクを得られるだろう。発リンクをする必要も特にないだろう。

残念ながら私はそんな優秀な記事を書くことはできない。だから引用するのだ。優秀な記事を。自分が納得した記事を。これは面白いと思った記事を。そしてそれを元に、ネトゲトラックで実験をして、おお!これは本当に効果があったな。と確信がもてたとき、実験をした効果というオリジナル文章を加えて記事にしているのだ。そしてその際に、記事の関連性を上げてもらう為に優秀なページへと発リンクするのだ。

googleは発リンク周辺のテキストと、リンクしたページを見て関連性を見出すことができる。テキストとリンクをセットにしたほうが、自分のページの関連性を重みづけられるのだ。

TOPページにリンクを張りすぎるのは、確かによくないと思う。しかし、できたてで、何も関連付けられていない、ページ自体にパワーがないページからリンクされても、相手サイトの順位はほとんど変わらない。それよりも優秀なサイトを引用して、オリジナルの記事を書くことによってふむ。このページは発リンクについて書かれているのかとgoogleロボットに理解させることができたなら、そのほうがサイトにとってプラス効果になるのではないか?

web担にはSEOの記事が豊富に書かれている。発リンクの話ももっと詳しく掲載されているのでぜひ見て欲しい。

ちなみにネトゲトラック管理人が書いたSEO関係の記事は、このweb担に書かれている記事から引用したものが多い。

発リンクで順位が上がった例

ネトゲトラック管理人は以前、2010/5月頭に独自ドメインで移転した際、趣味で評価を下げないサイト移転方法なるものを作成した。記事を作成中、googleウェブマスターのヘルプを参照して作ったのだが、この時私は「発リンクはすこしでも少なくしないといけない」と誤った考え方をしており、どこにもリンクせずに公開した。

しかしその後web担に掲載されていた、「発リンクは悪くない。必要な場所からの発リンクは検索順位を上げるのに、被リンクほどではないが役立つ」という記事を見て、gogoleのウェブマスターヘルプにリンクしようと考えた。実際に私もgoogleのヘルプを引用して作ったのに、そこにリンクを張らないのは自然な形ではないと感じていた。

効果の程は?

公開当初、移転レポートページで重要だった語句、「移転、301リダイレクト、メタリフレッシュ、googleの評価」などのキーワードをあわせてみても20位程度だったが、ウェブマスターヘルプにリンクを張り、数日後には10位入りが多くなり、自然アクセスも増えた。

そのwebページに関連するページへのリンクは適度に必要だ。

検索メニュー
キーワード編
titleタグは最強か? キーワード使用の仕方
h1の使い方,strongを入れるべきか? meta descriptinは実際どう?
meta keywordsは有効か? alt属性はどの程度有効か
内部構造編
サイト内部リンクを張り巡らす効果 文章のテキスト量,質,公開時間
文章の構成,更新頻度の関係 URLの効果,HTMLの正確さ
リンク編
外部サイトへのリンクは有効

検索メニュー
内部要素編
まとめ
スポンサードリンク

アクセスランキング参加
アクセスランキング ブログパーツ